スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOUND DOG「FLY」

今回取り上げるのはHOUND DOGの「FLY」。
この曲は日野自動車のCMソングに使用されていました。
実はこの曲の次のシングルがヒット曲の「BRIDGE〜あの橋をわたるとき〜」でした。

この「BRIDGE」は第2期HOUND DOGのスタートであり、象徴の曲でした。
と言うのも、この時期のHOUND DOGはセールスがやや低迷しており、
その起死回生として作詞にヒットメーカーの松井五郎さんを迎えて
制作されたのが「BRIDGE」でした。
この目論見はアサヒスーパードライの強力なタイアップもあり、
成功を収めました。

その前のシングルがこの「FLY」で第1期の最後のシングルであり、
低迷期の曲でした。
ただ、この曲は当時の私には胸に響くものがあり、とても忘れられない
曲となっています。

さて、この曲について余談ネタを2つ。
1つ目はタイアップの日野自動車のこと。
日野自動車と言えば当時日テレ火曜8時に放送されていた時代劇枠の
筆頭スポンサーで当然この曲もこの枠でよく流れていました。
この枠で数多くの主演を務めていたのが里見浩太朗さんで、
うちの祖母が里見さんの大ファンでした。
祖母はすでに他界しましたが、今でもこの曲を聴くと祖母を思い出しますね。

もう1つ。
「FLY」と言うタイトル。
大友さんがNHKで主演を務めていたドラマのタイトルが偶然にも
「FLY」だったりします。
大友さんはパイロットの教官役でした。



スポンサーサイト

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

ICE BOX「冷たいキス」

今回取り上げるのはICE BOXの「冷たいキス」。
ICE BOXでお気づきかもしれませんが、これは
森永製菓が発売しているお菓子でもあり、
このICE BOXはその製品をPRするための
期間限定ユニットでした。

参加していたのは吉岡忍さん、中西圭三さん、
池田聡さん、伊秩弘将さんの4人でした。
当時としてもなかなか渋い面子でしたね。
個人的に当時中西さんの音楽に割とはまっていたので、
このグループも注目していました。

サビがキャッチーで、分かりやすく耳に残りますね。
オリコン7位にランクインするヒット曲となりました。
なお、作詞は秋元康さんだったりします。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

小野正利「もっと美しくなれ」

今回取り上げるのは小野正利さんの「もっと美しくなれ」。
小野さんの代表曲と言えば月9ドラマの主題歌に起用された
「You're the Only…」ですね。
そして小野さんと言えばハイトーンのボーカル。

今回取り上げた「もっと美しくなれ」もそんな小野さんの
ハイトーンボーカルが存分に堪能できます。
当時TDKのCMソングに使用されていました。
「You're the Only…」のヒットから1年経過した後に
リリースされた曲ではあるのですが、この頃は
既にセールスは苦戦しており、確かオリコンの初登場が
90位台だったと記憶しております。

売り上げこそ芳しいものではなかったですが、情熱的で
ストレート(少しくさい)な歌詞が突き刺さる感じですね。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

KATSUMI「DREAMIN'」

今回取り上げるのは3度目の登場となるKATSUMIさんの「DREAMIN'」。
今まで特に意識していなかったものの、割とKATSUMIさんも
好きだったんだなと改めて思いました。

この「DREAMIN'」はかつてあった予備校の慶応進学会のCMソングでした。
この予備校は2000年に何の告知もなく、いきなり倒産したそうです。
一時期は下の動画にあるようにキー局でもCMを流していたほど
だったんですが。

KATSUMIさんの王道ともいえる爽やかなナンバーで
「いつまででも夢心地のまま どこまでも飛び続けていたい
目覚めたとき戻る日が来ても 羽ばたくことを忘れないさ
夢があるから」
このサビのフレーズは未だに脳に刻まれています。

当時のCM動画です。


話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

KAN「まゆみ」

今回取り上げるのはKANさんの「まゆみ」。
KANさんと言えば、やはり「愛は勝つ」ですね。
爆発的な大ヒットでしたが、その後はこの曲を
超えるヒット曲は出ていません。
よく一発屋の代表格のように言われることがあり、
「愛は勝つ」のヒットから5年ほど経過したころ、
あるラジオ番組のネタハガキで空気の読めない人の特徴として
「今時カラオケで愛は勝つを歌うやつ」と揶揄されてました。

そんなKANさんですが、私もそんなに熱心には聞いているわけではなく、
シングル曲をラジオで耳にする程度でしたが、そんなに芸風みたいなものは
変わらず、あくまでマイペースを貫いていたように私は思えました。

今回取り上げた「まゆみ」は15枚目のシングルで三ツ矢サイダーのCMソングに
使用されていました。
三ツ矢サイダーのイメージにぴったりのとにかくメロディーがみずみずしくて
清々しいです。
歌詞はKANさんの得意とする遊び心も感じられますね。

このタイトルとCMも含めて割とインパクトがあったこともあり、この曲は
根強い人気があると思います。



このCMも非常に良かったですね。


話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

class「永遠の素顔」

今回取り上げるのはclassの「永遠の素顔」。
classを取り上げるのは初めてとなります。
classと言えば、何と言っても「夏の日の1993」が鮮烈でしたね。
結果的にいうとこの曲を超えるヒットシングルは遂に出すことが
できませんでした。

もしかしたら一発屋なんて思っている人も多いのかもしれませんが、
少なくとも私は決してそう思いません。
その後に発表した曲も決して「夏の日の1993」に劣っているとは
思いません。

今回取り上げた「永遠の素顔」は4枚目のシングルで路線としては
「夏の日の1993」に近いものがありますが、こちらもきれいなメロディーと
ハーモニーでクオリティーが高いです。
確かカルピスウォーターのCMソングで、このCMもみずみずしいものだったと
記憶しています。
こちらを先にリリースしていたら、もしかしたらこちらが後世に残っていたのではと
思わせるくらいの名曲だと思っています。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

笠原弘子「コンディション・グリーン」

今日は子供の日と言うことで、久々にアニソン行きたいと思います。
機動警察パトレイバーの実写映画が公開されたこともあり、
そのパトレイバーから笠原弘子さんの「コンディション・グリーン」を
取り上げます。

パトレイバーは熱心に見ていた方ではなかったですが、そこそこ
楽しんでは見ていたと思います。
ただ、この頃になると塾に行くようになって、途中から見ることが
出来なくなってしまいました。

そんなこともありパトレイバーに関しては印象が薄まっていたのですが、
上にも書いたように最近映画化されたのを知って、久々に主題歌を
聞いてみたら、タイトル通り清々しくて、当時見ていたあの頃の
夕暮れ時が思い出されて、不覚にも胸を突かれてしまいましたね。

当時のオープニング映像ですが、これまで私のアニメの常識では
声優表記はエンディングにやるものと思っていたので、
オープニングで声優を表記するのは斬新に見えました。


話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : アニソン・キャラソン
【genre : 音楽

プロフィール

Author:90年代音楽大好き男
友達がいなかった90年代、好きな音楽を聴くことだけを生きる糧としていました。
そんな30代独身男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク


フリーエリア
ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。よろしかったらこちらのクリックもお願いします。
音楽(J-POP) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。