THE YELLOW MONKEY「SPARK」

今回取り上げるのはTHE YELLOW MONKEYの「SPARK」。
イエモンをこのブログで取り上げるのは初めてとなります。
正直、イエモンはそんなに熱心に聞いてはいないのですが、
この曲は割と自分の好みでした。

何と言っても歌詞もメロディーも情熱的で激しいです。
正にタイトルの通り「SPARK」してます。
単純に聞いていて興奮しますね。

この当時はビジュアル系バンドが非常に売れていたのですが、
それとはまた違う独自路線を進んでいた印象です。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

布袋寅泰「ラストシーン」

最近更新が滞っておりまして、久々の更新になりました。
今回取り上げるのは布袋寅泰さんの「ラストシーン」。

布袋さんの曲と言うと、やはり激しいギターロックのイメージが
強いのですが、この曲はそんなイメージとは対照的な
スローテンポの曲となっております。

かつての奥様である山下久美子さんの「DRIVE ME CRAZY」も
そうなのですが、実は布袋さんはこういった優しい曲も
書ける人なんですよね。
メロディーメーカーとしても素晴らしいと思いますね。




話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

クレヨン社「Broken Heart」

今、私の中でクレヨン社が熱いことになっていて、今回も
クレヨン社の曲から「Broken Heart」を取り上げます。
恐らくこの曲が最も知名度のある曲かと思われます。
と言うのもドラマの主題歌になった曲だからです。
ちなみにそのドラマは山瀬まみさんが主演の
「愛してるよ!先生」でした。
当然このドラマは見たことないです。

テンポが良く、かつ元気づけられるようなメロディー
なのですが、歌詞を見るととても切ないです。
そのギャップもまた良しです。
ある意味こういう曲の方が胸に来るものがありますね。

クレヨン社の存在を知ることができて、このブログを
始めてよかったなと今更ながら思いました。



amazonにはシングルが出展されていなかったので、この曲が収録されているアルバム
「地球のうた」を紹介します。

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

クレヨン社「いつも心に太陽を」

今回取り上げるのはクレヨン社の「いつも心に太陽を」。
今回取り上げたクレヨン社ですが、実は恥ずかしながら
つい最近まで全く知りませんでした。

このブログについて教えている知人は本当に片手で
数える程度なのですが、その数少ない知人からぜひと
教えてもらったのです。

そして実際聞いてみたところ、まさに私のツボにストライクでした。
リアルタイムで聞いていなかったのが本当に残念に
思いました。

クレヨン社は男女2人組のユニットで1988年にデビュー、
1998年にいったん活動休止したものの、2003年に活動再開し、
現在も活動中です。
今後は注目していきたいと思いました。

さて、今回取り上げた「いつも心に太陽を」。
このタイトルはどこかで聞いたことのあるようなタイトルで
映画やドラマなどによく使われるタイトルですね。
ちなみにこの曲はクレヨン社の3枚目のアルバムの
タイトル曲でシングルにはなっていません。

ただ、アルバムのタイトル曲になるだけあって
クオリティーは高く、みずみずしさ、さわやかさ
そういったすがすがしいメロディーですね。
90年代前半の王道メロディーラインと言ってしまえば
それまでではあるのですが。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

Mr.Children「I'LL BE」

新年度になり心機一転と言うことで、これまでこのブログで
取り上げていなかったアーティストを取り上げることにしました。
実はずっとMr.Childrenを取り上げておりませんでした。
嫌いだから取り上げていなかったということではなく、ミスチルほどの
ビッグネームをこのブログであえて取り上げなくてもそれこそ色々な
ところで散々取り上げられまくっているので敬遠していました。

ただ、やはり90年代J-POPを取り上げるというテーマで展開している以上、
いずれ取り上げないといけないのかなと思い、取り上げるなら新年度1発目が
ふさわしいと今回取り上げてみることにしました。

それで取り上げるのは「I'LL BE」。
この曲はミスチル17枚目のシングルでSEA BREEZEのCMソングになりました。
この頃のミスチルは既に名声を獲得しており、この曲は先行アルバム
「DISCOVERY」からのシングルカットでした。
それでもオリコン1位を獲得してました。

単純に曲がいいですよね。
サビのテンポも軽快そのもので、すぐに口ずさみたくなるようなメロディーラインです。
ただ、恐らくミスチルの熱烈なファンの方々からすると、今更求めている感じでも
なかった曲なのかもしれません。
それはこの後のミスチルの音楽性にも表れている気がします。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

プロフィール

90年代音楽大好き男

Author:90年代音楽大好き男
友達がいなかった90年代、好きな音楽を聴くことだけを生きる糧としていました。
そんな30代独身男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク


フリーエリア
ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。よろしかったらこちらのクリックもお願いします。
音楽(J-POP) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR