L⇔R「NICE TO MEET YOU」

前回お知らせしたとおり、今回もL⇔Rから「NICE TO MEET YOU」を
取り上げます。
この曲はキリンラガービールのCMソングに使用されていました。

ビールのCMソングにマッチするような爽快感あふれるナンバーです。
最近久々に聞いたのですが、しびれましたね。
この曲こそL⇔Rの決定版、最強の曲だと思いました。
聞くのが楽しくて楽しくて、有頂天になってしまいます。
「突然奇跡がそばに近づいて 答え教えてくれた」
サビの冒頭の歌詞ですが、この曲の世界観を見事に表しています。

当然オリコンでもベストテンランクインは堅いと思っていたのですが、
ふたを開けてみると何と14位。
これには当時大変ショックでした。
こんな素晴らしい曲がこの順位なんて、どうなってしまったんだと。
日本の音楽シーンが変わりつつあったということなんでしょうかね。
これがL⇔Rに暗い影を落とした一因になってしまったことは否めないですね。

L⇔Rはまだほかにも取り上げたい曲がありますが、また機会を見て紹介
できたらと思っています。

さて、次回は今度はキリンラガービールつながりで、ある大物の
曲を取り上げてみようかなと思っていますが、気が変わる可能性もあります。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

L⇔R「GAME」

今回と次回はL⇔Rを取り上げます。
今回は「GAME」。
こちらの曲はTBS系「CDTV」のテーマ曲に使用されました。
オリコンでは10位にランクインされました。

L⇔Rはギターサウンドの中にダンサンブルな感じもあって、
そのバランスが魅力かなと思ったりします。
この曲もそんな魅力が詰まっています。

特に韻を踏んでいるわけではないのですが、何となく
韻を踏んでいるようなリズム感のある歌詞もいいですね。




話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

infix「100万光年の彼方」

今回取り上げるのはinfixの「100万光年の彼方」。
実は最近「傷だらけの天使になんてなりたいとは思わない」を
検索されてこのブログに訪問される方が割といらっしゃるので、
それならばこちらの曲も取り上げないといけないと思ったからです。

この曲はその「傷だらけの天使になんてなりたいとは思わない」と
同日に発売されたシングルで日本テレビ系「新・西遊記」の
エンディングテーマとして使用され、オリコンでも30位にランクイン。
ちなみに「傷だらけの~」は同ドラマのオープニングでした。

「傷だらけの~」が動なら、こちらは静といった趣です。
ただ、こちらもこちらで不思議と疾走感はあって、また長友さんの
爽やかなボーカルがはまっていますね。
インパクトが強いのは「傷だらけの~」ですが、聞き飽きないという
意味ではこちらが上かもしれませんね。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

ブリーフ&トランクス「石焼イモ」

今回取り上げるのはブリーフ&トランクスの「石焼イモ」。
ブリーフ&トランクスは2人組のフォークデュオで1998年デビュー、
2000年解散と活動期間は短く、特に大きなヒット曲もありませんでした。
ただ、インパクトがあって耳に残る曲が多く、ラジオや有線などでは
ヒット曲の中に混じってかけられたりしてましたね。

今回取り上げた「石焼イモ」は3枚目のアルバム「ボクらのエキス」に
おさめられていた曲で後にシングルカットもされました。

この曲を知ったきっかけは有線で、この曲が発売された当時
私は100円ショップでアルバイトをしていました。
そのアルバイト先でしょっちゅうかかっていたんですよね。
初めて聞いたときはそれこそ「なんだこの変な曲」という
感想しかありませんでしたね。

ただ、毎日聞いていると何となく味があるなと思い始めて、
この曲聞かないとバイトに精が出ないような感覚にまでに
なりましたね。
この曲聞くと今でもそのアルバイト先を思い出してしまいます。
私が初めてアルバイトをしたのがそこだったりするんで。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

松任谷由実・カールスモーキー石井「愛のWAVE」

今回取り上げるのは松任谷由実さんとカールスモーキー石井さんが
コラボレーションした「愛のWAVE」。
この曲は1992年度のフジテレビキャンペーンソングとして、連日
オンエアされていました。
ちなみにオリコン1位も獲得しております。

90年代はこういった大物同士のコラボシングルが多くあり、
この曲はその先駆けの1つと言った感じでした。
ただ、個人的見解だとその後の大物同士のコラボ曲はどうもお互いの
良さみたいなものが個性が強すぎるためにつぶしあってしまうのか
消えてしまっていて、正直良いと思える曲はほとんどと言ってありません。

でも、この曲に関しては素直にいいなと思いました。
歌詞もメロディーも優しくて心地よくて、これぞ
コマーシャルソングのお手本と言ったところでしょうかね。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

GOLD WAX「カルシウムが足りない」

今回取り上げるのはGOLD WAXの「カルシウムが足りない」。
この曲は現在も放送されているバラエティー番組「ダウンタウンDX」の
テーマ曲として使用されていて耳なじみの方も多いかと思います。
番組開始から割と長期間使用されておりました。

この曲の最大の売りは「曲の長さが短いこと」。
何と1分もありません。
当時、日本で発売されたシングル曲の中で最も曲の長さが
短いということでメディアには取り上げられることが多かったです。
(今でもこの記録を保持ししているかまでは私は調べていないのですが)

さて、このGOLD WAXというバンドは東哲一郎さんと言う方が
中心となっており、実質この東さんと言う方の個人プロジェクトの
側面が強かったそうで、確かにメディアには東さん一人で
出ることが多かったですね。

この「カルシウムが足りない」について、あるラジオの番組で
「なぜこの曲はこんなに短いんですか?」というDJからの
質問に対し、「別に最初から短くしようなんて思っていなかったが、
結果的に短く収まっていた。」みたいな感じで話されていました。

GOLD WAXは売り上げ不振もあり一時活動休止になりましたが、
2007年より前提的に活動が再開したとのことです。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

鈴木けんじ「地球戦隊ファイブマン」

今回は久々の特撮ソングです。
取り上げるのは鈴木けんじさんの「地球戦隊ファイブマン」。

「地球戦隊ファイブマン」は東映のスーパー戦隊シリーズの1作で
第14作目にあたるとのこと。
このシリーズで初の5人全員が兄弟で血のつながりがあると言う設定に
なっています。
なお、この後の5人兄弟の戦隊としては「救急戦隊ゴーゴーファイブ」や
「魔法戦隊マジレンジャー」が作られています。
なお、ファイブマンは5人兄弟は全員が小学校の先生と言う設定です。
私も子供のころは戦隊シリーズは毎日のように見ていました。
ただ、毎週見ていたはずなのですが、あまり内容は覚えていないんですよね。
その後の「ジェットマン」が強烈過ぎたこともあったのかもしれません。

さて、主題歌を歌っていた鈴木けんじさんですが、アニソン・特撮ソングを
中心に活躍されていた方で、この前年に「魔動王グランゾート」の主題歌も
歌われています。
とても爽やかに歌い上げる方で、この「地球戦隊ファイブマン」も持ち味が
思う存分発揮されております。
純粋に戦隊ヒーローらしい主題歌と言う印象で、子供心に興奮を掻き立てられた
ものです。
歌手活動は1992年に休止されたとのことです。

「WOW WOW WOW WOW マイブラザー WOW WOW WOW WOW マイシスター
救えよ美しい 星の命を」
サビのこの部分の爽快感たるやたまらないです。
歌詞だけでいえば典型的な特撮ソングですが、このポップなメロディーは
特撮ソングの枠を超えていると個人的に思います。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

ZNX「君の瞳の中から」

今回から本来の通常営業と言う形ですね。
取り上げるのはZNXの「君の瞳の中から」。
ちなみにこれで「ジンクス」と読みます。

ZNXはZIGGYのギタリストであった松尾宗仁さんと
ボーカルの妹尾研祐の2人組ユニットで、
この「君の瞳の中から」がデビューシングルでした。

率直にいうとZIGGYの延長線上と言う感じで、
ZIGGYのヒット曲が好きな人なら、このZNXも
ストライクですね。
このデビュー曲はオリコン23位にランクインする
スマッシュヒットとなりました。

ZNXの活動期間は1993年から1995年までで、
これと前後するようにZIGGYの活動が本格化しました。
ZNXとしても、もっと作品を残してほしかった気持ちもあります。



このジャケット、いかにも90年代のシングルジャケットと言う感じですね。

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

90年代の思い出のCMソング(National・エオリア)

今日から通常営業に戻ります。
とは言え、CMソングなので変化球気味ではありますが。

今回取り上げたNational・エオリアのCMは90年代中期に
放映されていて、当時主演女優として石田ひかりさんが
メインでした。

元々石田さんはエオリアのCMに出演はされていたのですが、
新シリーズとして新聞記者にふんした石田さんがエオリアの
良さをPRするCMとなっています。

ここで流れていたCMソングがいまだに頭から離れられないのです。
「君は青春駆け抜けるため」という出だしで始まるCMソングで、
この歌詞からも分かるように歌詞もメロディーもさながら昭和40年代の
青春ドラマを思わせる曲となっています。
当時生まれていない私でも懐かしく、それでいて心温まる曲で
素直にいい曲だなと思いましたね。

残念ながら、この曲に関しては情報らしい情報が全くと言ってございません。
もしかしたら私が知らないだけでとても有名な曲なのかもですが。

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

ZARD「マイ フレンド」

今日もひつじ年のアーティストを取り上げます。
ZARDの坂井泉水さんが1967生まれで、ひつじ年だったんですね。
今回調べていて、初めて知りました。

ZARDは既に5回取り上げていて、まだまだ取り上げたい曲がありますが、
今回は「マイ フレンド」にしました。
やっぱり、この曲を取り上げないわけにはいかないです。
本来ならばいの一番に取り上げるべき曲なんですけどね。

もはや大ヒット曲で代表曲なので今更説明不要ですね。
もう完璧です。脱帽するしかないです。
一時期、毎日この曲ばかり聞いて癒されていましたね。
(意外とカラオケで歌うと難しかったりするのですが。)
「マイ フレンド」は時代を超えて語り継がれるべき名曲なのではないでしょうか。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

プリンセス プリンセス「ジュリアン」

今日も昨日に引き続き、ひつじ年のアーティストを取り上げます。
プリンセス プリンセスの奥居香さん(現:岸谷香さん)が1967年生まれと言うことで、
今回はプリンセス プリンセスの「ジュリアン」を取り上げます。

プリンセス プリンセスはまだ当ブログで取り上げておりませんでした。
私はそんなに聞いた方ではないとは思いますが、それでも当時の
ヒット曲には心奪われたものです。
ただ、どうしても80年代末の歌が好きと言うこともあり、なかなか
取り上げられておりませんでした。

90年代の曲で1曲あげろと言われたら、これは問答無用で「ジュリアン」に
なりますね。
サビの「あいたくて あいたくて あいたくて 今夜も」と情感たっぷりに
歌い上げる奥居さんのボーカルが本当に胸に響き、聞きごたえたっぷりです。
どちらかと言うと聞けば聞くほど、魅力にひきこまれるタイプの曲だと思います。

プリンセス プリンセスは記録にも記憶にもしっかりと刻まれるアーティストですよね。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

カジヒデキ「ラ・ブーム〜だってMY BOOM IS ME〜」

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、新年の最初はどうしようかと考えた結果、今年はひつじ年なので、
ひつじ年のアーティストを取り上げようと思いました。

Wikipediaなどで調べたところ、カジヒデキさんが1967年生まれで
今年が年男、しかもまだ取り上げていなかったので、これを機会に
今回はデビュー曲「ラ・ブーム〜だってMY BOOM IS ME〜」を
取り上げます。

この曲はキューピーのCMソングに使用され、大ヒットしましたので、
ご存知の方も多いと思います。
私も初めて聞いたとき、なんてしゃれた曲だと思いましたね。
ポップで爽やかでそれでいてヨーロッパ風な感じもして。

ただ、この曲はかなり後で知ったのですが、非常に近い原曲があるんですよね。
それをラジオでたまたま聞いたとき、あれどこかで聞いたことがあると思いました。
それはXTCという、イギリスのバンドの「Mayor of Simpleton」に
似ているのです。
だからと言ってこの曲が嫌いになったというわけではないのですが、
私が知らないだけなのかもしれませんが、この曲がはやった当時は
このことは言及されていたのでしょうか。
私は記憶にないですね。
そんないわくつきの曲です。



こちらがXTC「Mayor of Simpleton」


話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

プロフィール

90年代音楽大好き男

Author:90年代音楽大好き男
友達がいなかった90年代、好きな音楽を聴くことだけを生きる糧としていました。
そんな30代独身男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク


フリーエリア
ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。よろしかったらこちらのクリックもお願いします。
音楽(J-POP) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR