スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PEPPERLAND ORANGE「夏の魔法」

今回取り上げるのはPEPPERLAND ORANGEの「夏の魔法」 。
この曲はポカリスエットのCMソングとして使用され、
スマッシュヒットとなりました。
夏と言えばポカリのCMが風物詩となっていますが、
個人的には90年代のポカリのCMは名曲の宝庫で、
CM自体も青春がテーマの印象的なものばかりでした。

この曲を手掛けたPEPPERLAND ORANGEは1998年デビューの
2人組ユニットで、この曲は2枚目のシングルとなります。
ただ、翌年に活動を休止してしまいます。
シングル4枚、アルバムは1枚のリリースでした。

「夏の魔法」 もまた、青春を感じさせる清涼感あふれる楽曲で、
耳に心地いいですね。



スポンサーサイト

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

ヌンチャク「マラダイス」

今回取り上げるのはこのブログでは初めて取り上げるジャンル、
ハードコアバンドであるヌンチャクの「マラダイス」。

下の動画をご覧になっていただければお分かりの通り、
耳をつんざくような、とにかく騒音けたたましく、
今年も猛暑ですが、余計に暑苦しくなるような曲ですね。
紹介しといてなんですが、炎天下ではあまり聞きたくないですね。

当然初めて聞いたときはそれはただただ驚きました。
いかつい兄ちゃんたちが叫んでいるのを見て、
後ろから脳天を殴られたような感じがしました。
これは暴力的な感じがして音楽と言えるのかと正直思いました。

ただ、「腹いっぱい、腹いっぱい、腹いっぱい」が
しばらく耳から離れなくて、気が付いたら慣れて
しまったんですよね。
中毒性があったんでしょうか。

さて、このヌンチャクですが、結成は1993年、
解散は1998年と約6年間の活動でした。
現在は違うグループで活動しているメンバーもいるようですが、
私はあまり詳しくは分からないです。

このハードコアと言うジャンルはヌンチャクで初体験となったのですが、
正直私はいまだに苦手な分野です。
何歌っているのかよく聞き取れないですしね。
この曲は大変わかりやすいフレーズがあったので、私には入りやすい
方だったのかもしれませんね。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

電気グルーヴ「虹」

前回の記事はいつもと趣向を変えましたが、
また今回から通常営業です。

今回取り上げるのは電気グルーヴの「虹」。
今や日本のテクノ界を代表するアーティストですね。
私は初めてテレビで見たときは恥ずかしながら
芸人だと勘違いしていました。

電グルは本当に引き出しが多く、彼らのイメージ通りの
コミックソング的なものやシュールな曲がメインかと思えば、
一転「シャングリラ」のような曲も出したりしますからね。

さて、今回取り上げる「虹」ですが、6枚目のシングルです。
正直なところ、初めて聞いたときの印象はけだるいし、
なんかいつもと違って大人しいなと、要するに響かなかったのです。
大体こういう印象だとその後聞くことはあまりないのですが、
不思議と忘れられない曲で、何となくその後も聞いていました。
そうして聞き込んでいくうちにいつの間にかハマってしまったという
スルメのような曲ですね。
今でも何がいいとはうまく表現できないのですが、シンプルな
リズムが心地いいのかもしれません。

ところで、私は電気グルーヴのオールナイトニッポンの大ファンでした。
毎週深夜なのに笑いをこらえるのに必死なほど涙が出るほど笑いました。
私の中でいまだに深夜ラジオ最強の番組です。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

番外編 1993年7月21日と言う日

今回はいつもと趣旨が異なります。
7月21日と言うこの日。
私に音楽生活にとって忘れられない日を挙げろと言われれば、
この「1993年7月21日」が、いの一番に挙がります。

なぜ、この日が忘れられないのか。
この日に発売されたシングルが量・質ともにすさまじく、
正に群雄割拠で超ハイレベルなランキング合戦が
繰り広げられたからです。

この日に発売された主なシングルはこちらです。
「エロティカ・セブン」サザンオールスターズ
「素敵なバーディー~NO NO BIRDY~」サザンオールスターズ ※2枚同時発売でした
「Make-up Shadow」井上陽水
「IN MY DREAM」LUNA SEA
「ポケベルが鳴らなくて」国武万里
「真夏の奇蹟」THE BOOM
「天気読み」小沢健二
「「月」に吠える朝」GAO
「軍配はどっちにあがる」大江千里
「We are OK!」永井真理子
「君は僕の勇気」東野純直

錚々たる面子です。
その中で1位だったのはさすがのサザン「エロティカ・セブン」でした。
ちなみに「素敵なバーディー~NO NO BIRDY~」は3位でした。

「ポケベルが鳴らなくて」は初登場は15位でしたが、その後ロングランヒットとなり、
最高位7位まで上昇しました。

「天気読み」は小沢健二さんのソロ初シングルでした。

「IN MY DREAM」はLUNA SEAの2枚目のシングルで
正直全然知りませんでした。
それがこの強豪ぞろいの中、オリコン初登場9位にランクインして、
個人的衝撃度ではNo1でした。

これだけの力のあるシングルばかりが発売されるとチャートが早く知りたくて
本当に待ち遠しかったです。

この中で特に好きな曲となると井上陽水さんの「Make-up Shadow」になりますね。
この曲はフジテレビ系ドラマ「素晴らしきかな人生」の主題歌で、浅野温子さん、
織田裕二さんが主演でした。
ちなみに2日前となる7月19日に織田さんもドラマの挿入歌となる「決心」を
発売されています。

この「Make-up Shadow」は作詞が井上陽水さん、作曲は彩目映さんと言う
当時は謎のシンガーソングライターとして音楽雑誌に紹介されていて、
井上陽水さんのペンネームではと言う噂もありましたが、実際は編曲を
務めた佐藤準さんという方の別名だったとのことです。
作曲こそ陽水さんではないものの、それでも陽水さんワールドは健在と
言った感じで、特に畳み掛けるサビの昂揚感はたまらないです。

今はチャートを追うことはあまりなくなってしまいましたが、今でも
こんな激戦区になることってあるんでしょうかね。
確かこの週、オリコン40位あたりでも1万枚超えていたと思います。
今はなるべく強豪とはぶつからないようにする戦略が一般的かと思いますので、
ここまで同じ日に力のあるシングルが集中することはそうはないでしょうし、
またこのころはCDが非常に売れていたということも物語っていますね。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

FAIRCHILD「探してるのにぃ」

今回取り上げるのはFAIRCHILDの「探してるのにぃ」。
実は今、個人的にFAIRCHILDをよく聞いてます。
ポップバンドとして素晴らしく、虜になってます。
以前、ある番組でYOUさんがFAIRCHILD時代のことを
語っていて、「自分はボーカルとして全然ダメで、バンドも
売れなかった」という趣旨の発言をされておりましたが、
私はそんなことは全然ないような気がするのですがね。
まあ、YOUさんのことですから、幾分冗談が入っている
可能性もありますが。

今回取り上げた「探してるのにぃ」はFAIRCHILDの
知名度が一部で向上したきっかけとなった曲で
サントリーのCMソングとして使用され、YOUさんも
出演されています。
これをきっかけに更にYOUさんが後に人生の恩人として
尊敬するダウンタウンさんが出演していた「夢で逢えたら」でも
この曲を披露することになります。

さて、この曲、テンポが良く、YOUさんのボーカルもキュートで
聞いているだけでうきうきしてしまいますね。
80年代後半から90年代前半のバブル時期にこんな感じの曲が
多かったような気がします。
テンポがいいだけじゃんと思う人もいるかもしれませんが。
でも、私はこういう単純にわかりやすい曲が好みだったりするのです。

動画は当時のサントリーのCMから


話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

角松敏生「GALAXY GIRL」

今回取り上げるのは角松敏生さんの「GALAXY GIRL」。
この曲はアクエリアスのCMソングとして使用されていました。
よく熱闘甲子園で流れていました(コカコーラの1社提供ですからね)。
個人的に角松さんの曲は洗練された都会的ポップスと言うイメージを
勝手に持っていますね。

実のところを言うと、この曲のことは当時から知ってはいたものの、
誰のなんて曲までは全然気にしていませんでした。
そのため、歌手名・タイトルを知るのはずいぶん後のことになります。
ちなみに知ったきっかけは角松さんが歌手活動休止から、
再び活動されたことでした。

この「GALAXY GIRL」は当時のCM映像が焼き付いていることもあって、
日常の感覚とは異なる異空間にいざなってくれるような、また
アクエリアスをイメージしたかのような清涼感がありますね。

動画は当時のアクエリアスCMです。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

POTSHOT 「Be alive」

実は昨日記事を投稿しようと思ったのですが、
サーバーメンテナンス中だったようで投稿されず、
しかも書いたデータが全部消えてかなりへこみました。
これが無料ブログの宿命でしょうかね。

気を取り直して、今回取り上げるのはPOTSHOTの 「Be alive」。
このブログでは異色の曲ですね。
なんせ歌詞がすべて英語ですからね。

POTSHOTはスカコアと呼ばれるスタイルのバンドで
1995年から2005年まで活動していたとのこと。
この 「Be alive」は4枚目のシングルで初のオリコン
ランクインした曲です。

こういった分野の音楽にはとかく疎い私ですが、
当時たまたま見ていた深夜の音楽番組で
この 「Be alive」が流れていて、こういった音楽も
あるのかと新鮮でした。
今までの90年代J-POPにはあまりなかったアプローチに
感じられたので。
歌詞は何言ってるかさっぱりわかりませんでしたが、
メロディーは割ととっつきやすかったですしね。

それと個人的な印象としてこの曲は夏にぴったりな気がしますね。
今では夏と言えばフェスですが、フェスに合いそうな感じです。



今回はアルバムをご紹介します。

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

渡辺美里「サマータイム ブルース」

今回取り上げるのは渡辺美里さんの「サマータイム ブルース」。
前回の記事の最後で「TUBEの前の明治生命と言えばこのアーティスト」と
書きましたが、それが渡辺美里さんです。
この曲もその明治生命のCMソングとして使用されていました。
本人も出演されていました。

かつて、毎年夏に西武球場でライブを行っており、このライブに
確か明治生命も協賛していたと思います。
1986年から2005年まで20年にわたって行われておりました。
こういう経緯からTUBEほではないにせよ、渡辺美里さんも
夏をイメージするアーティストですね。

この「サマータイム ブルース」は代表曲の1つであるので、
今更説明も不要かと思いますが、実はシングルで初めて
自身で作曲を手掛けた曲だそうです。
そういう意味で非常に意義のある曲だと思います。
夏の解放感が見事に表現されているような気がして、
気分爽快になりますね。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

TUBE 「いつかの僕よ...」

今回もTUBEから「いつかの僕よ...」を取り上げます。
この曲はシングルではなく、アルバム収録曲であり、
「ゆずれない夏」に収録されています。
ちなみにアルバムタイトルになっている「ゆずれない夏」は
シングルにもなっております。

この曲はシングルにはなっていないのですが、タイアップは
ついており、明治生命(現:明治安田生命)のCMソングで
使用されていました。
日テレの巨人戦ナイターで頻繁に流れていましたね。
確かCMには鈴木保奈美さんが出演されていたと思います。
記憶違いの可能性もありますが。

「どこまでも続く青いこの空を 見上げては笑っていた
夢や恋を並べては 明日まで待てなくて」
サビのこのフレーズがたまらないです。
やっぱりTUBEには青い空がバッチリに会います。
こういう曲を聴くと、夏っていいなと思います。

TUBEについては一旦ここまでとさせていただきます。
さて、90年代中盤は明治生命と言えばTUBEだったのですが、
次回はTUBEの前に明治生命と言えばこの人と言う
アーティストの曲を取り上げる予定にしております。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

TUBE「きっと どこかで」

前回の記事で予告した通り、今回もTUBEが手掛けたドラマ主題歌より
「きっと どこかで」を取り上げます。
フジテレビで放送されていた「世界で一番パパが好き」の主題歌でした。
主演は明石家さんまさんと広末涼子さんでした。
タイトルから分かるようにこの2人が親子関係で、さんまさんは弁護士で、
広末さんが幼いころに離婚して親子離れ離れになっていたのですが、ある日
同居することになったものの、これまでの経緯があっていがみ合う毎日。
さて、親子の関係が修復できるのかと言うのが大筋になっています。

こちらのドラマは「100億の男」とは違い、視聴率はそこそこ取っていたドラマ
だったのですが、なぜかDVD化はされていないようですね。
何か問題があるのでしょうかね。

さて、この「きっと どこかで」はTUBEらしい夏をテーマにした曲ではありません。
なので、一年中いつでも聞ける曲ですね。
相変わらず前田さんのボーカルは情熱的ではありますが、
歌詞やメロディーがノスタルジックな気分にさせられる曲です。
暑いではなく、あったかい曲ですね。

当時のドラマ映像です。5分経過したあたりから主題歌が流れます。


話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

TUBE「あの夏を探して」

さて、今回もTUBEから取り上げるのは「あの夏を探して」。
この曲は関西テレビ制作・フジテレビ系列で放送されていたドラマ
「100億の男」の主題歌でした。
主演は緒形直人さんで、私はこのドラマを毎週欠かさず見るほど
楽しみにしておりました。
ただ、視聴率的には苦戦したようです。

原作は同名の漫画でドラマの内容はタイトルにある「100億」とは主人公が
背負った借金額であり、その借金を返済するため、金を貸した大富豪の
無理難題に主人公があらゆる知恵と手段を使ってこなしていき、
成り上がっていくというのが簡単な大筋です。
それに主人公の周りに女性が絡んでくるのがもう一つの筋になっています。
去年話題になった半沢直樹のような痛快なビジネス合戦のドラマであります。
むしろ、今のほうが受けたのかも?
ただ、半沢のような名台詞みたいなものは特にはありませんでしたね。
上にも書いたように視聴率が振るわなかったドラマだったので、再放送された
記憶はなく、メディア化もされていないはずなので、なかなか見るのが難しい
ドラマになっているかもしれません。

思い入れのあるドラマなので、ドラマの話ばかりになってしまいましたが、
主題歌の「あの夏を探して」は爽やかな清涼感を感じさせるミディアム
テンポの曲です。
上手に表現できませんが、スケールの大きさみたいなものも感じます。
ただ、ドラマの内容には正直あまり合ってはいなかったかなとは思います。
主題歌が流れるオープニング映像はなかなか良かった記憶はあります。

次回もTUBEが手掛けたドラマ主題歌を取り上げる予定です。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

TUBE「夏だね」

いよいよ夏シーズン到来と言うことで、今回取り上げるのは
TUBEの「夏だね」。
ちなみにこの曲が私のTUBEで初めて買ったシングルです。
ポッキーのCMソングでした。
(余談ですが、ポッキーのCMソングには名曲が多いです。
グリコのフラッグシップと言える商品であり、最もCMに
力を入れている商品だからでしょうか。
いつか番外編として「ポッキーのCMソングを語る」と言う
記事もやってみようかなと思ったりもしてます。)

TUBEと言うと、この曲を聴くまでは「シーズンインザサン」とか
「あー夏休み」とか、夏の太陽のようにぎらついたイメージしか
なかったのですが、こういうミディアムテンポの曲もあるのかと
私の中では意外でした。
この曲は夏の日差しと言うよりは夕暮れって感じですね。
これもまたTUBEの「夏」なのですね。

TUBEも当時私の好きなバンドの1つでありました。
熱狂的に好きと言うわけでもありませんでしたが、
新曲をリリースするたびに必ずチェックをしていました。
と言うことで、しばらくTUBEを続ける予定にしております。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

プロフィール

90年代音楽大好き男

Author:90年代音楽大好き男
友達がいなかった90年代、好きな音楽を聴くことだけを生きる糧としていました。
そんな30代独身男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク


フリーエリア
ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。よろしかったらこちらのクリックもお願いします。
音楽(J-POP) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。