東京バナナボーイズ「熱血キッドの唄」

今回取り上げるのは東京バナナボーイズの「熱血キッドの唄」。
特撮ソングのテーマ曲みたいなタイトルですが、CMソングです。
ただし、そのCMは特撮ヒーローものでした。
当時サントリーから発売されていた「熱血飲料」という飲み物の
CMソングでした。

東京バナナボーイズは1990年から2008年まで活動していたユニットで
「熱血キッドの唄」のようなCMソングを特に90年代前半に非常に多く
手掛けていました。
有名どころですと当時西田敏行さんが出演されていたKDD(現・KDDI)の
「ゼロゼロイチバンKDD」があります。

「熱血キッドの唄」は一発で特撮ソングと分かるくらいの分かりやすさで
CMソングだけで終わらせてしまうのはもったいないくらいの出来です。



当時の熱血飲料のCM。熱血をキッドを演じていたのは誰でしょう?
答えは動画の下に。

唐沢寿明さんでした。分かりましたか?

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

SWITCH「満員電車ひとめぼれ」

今回取り上げるのはSWITCHの「満員電車ひとめぼれ」。
この曲はかつてTBSで放送されていたアニメ
「行け!稲中卓球部」の第2期オープニングテーマに
使用されていました。
ちなみに第1期OPも同じSWITCHの「しゃにむにシェイクシェイク」でした。

まずは「行け!稲中卓球部」について。
これは当時非常に人気のあったギャグ漫画で、私のクラスでも
よく休み時間などに貸し借りがありました。
私は蚊帳の外でしたが。
内容はと言うと、一応タイトルに卓球はありますが、たまに出てくる程度で
描写は少なく、卓球部員たちの日常がメインでした。
下品な内容も少なくないため、ゴールデンタイムには到底ふさわしくなく、
アニメも当然深夜でした。
このアニメが始まるころ、丁度深夜アニメが増えていった時期でもありました。
私も毎週楽しみに見ていました。

次に主題歌を担当したSWITCHについて。
実はこのグループについては情報が少ないです。
ただ大所帯バンドであったことは記憶にあります。
既に解散しているようで、メンバーの中には
まだ音楽活動を続けていたり、この世界から去った人も
いるとのこと。
音楽的には大所帯バンドらしいにぎやかなサウンドが特徴で、
この曲もそんな「行け!稲中卓球部」にぴったりのにぎやかで
激しく、そして情熱的なナンバーです。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : アニソン・キャラソン
【genre : 音楽

椎名恵「晴れた日には愛が見える」

今回取り上げるのは椎名恵さんの「晴れた日には愛が見える」。
椎名恵さんは1986年にデビューし、今なお活動しており、
根強いファンも多くいらっしゃいます。
デビュー当時は主に大映テレビ制作のドラマ主題歌を
多く歌っていらっしゃいましたが、その後は一部で
「バラードの女王」と呼ばれるほど、バラードシンガーの
地位を確立しています。

今回の「晴れた日には愛が見える」はシングル化はされていませんが、
パロマガス器具のCMソングとして使用されており、私もそれで
知りました。
と言うか、椎名さんを知るきっかけとなったのがパロマのCMでした。

初めて聞いた印象としてはなんと綺麗な歌声、そして優しいメロディーだなと
思いましたね。
正直、この手の女性シンガーの曲、そしてバラードはあまり関心がなかったのですが、
ちょっとしたカルチャーショックでしたね。
ずっしりと心に響きました。



こちらが収録アルバム「蒼の時刻」

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

海援隊「スタートライン」

今回取り上げるのは海援隊の「スタートライン」。
この曲はご存知の方も多いかと思いますが、
武田鉄矢さんの当たり役である「3年B組金八先生」の
第4シリーズの主題歌でした。

歴代シリーズの主題歌の中でも、最も好きな曲ですね。
少なくともメロディーのさわやかさ、清涼感は群を
抜いていると思います。
実際ファンからの人気も高いようです。

「ひとりぼっちになるためのスタートライン」なんですよね。
色々と考えさせられる歌詞ですね。
当時の私も友達いなくてひとりぼっちでしたし。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

VIRGO「ずっと好きだから…」

今回取り上げるのはVIRGOの「ずっと好きだから…」。
この曲はかつてフジテレビ系列で放送されていた
「タモリのボキャブラ天国」のエンディングテーマに
使用されていました。
まだ、ドラゴンボールZの後の水曜19:30からの30分時代の
テーマ曲です。
実は昨日電車に乗っていたら、突如この曲を思い出し、
そういえばこんな曲あったな、良い曲だったなと。

ただ、今回はさすがにかなりマイナーな曲であり、グループですね。
なのでネットで検索しても、残念ながら何一つ有力な情報が
ありませんでした。
下にニコ動を載せましたが、それによると4人組の女性グループだったと
言うこと以外は特に何もわかりませんでした。
私のかすかな記憶ではテレ東でやっていた音楽番組があり、
(番組名は覚えていません)、そこでこの曲を披露していた
ような気がします。

また繰り返しになってしまいますが、曲はとてもいいと思います。
「笑ってごらんよ」というフレーズは優しくて暖かい、
ハートウォーミングな曲です。




松井常松「Last Angel」

今回取り上げるのは松井常松さんの「Last Angel」。
松井常松さんは、あのBOØWYのベーシストとして
知られていますね。
この「Last Angel」はBOØWY解散後、ソロ転向して
4枚目のシングルであり、「ぐるぐるナインティナイン」の
エンディングテーマ曲でもありました。

ベースはロックではありますが、曲調は軽快であり、
松井さんのボーカルも相まってさわやかな印象もあります。
BOØWYと言うとどうしても氷室さん、布袋さんのツートップが
際立ちますが、松井さんのソロも私としてはなかなか
見逃せない存在でした。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

筋肉少女帯「蜘蛛の糸」

今回取り上げるのは筋肉少女帯の「蜘蛛の糸」。
この曲については、ある意味私の人生のバイブルであり、
非常に影響されたいい意味でも悪い意味でも思い出深い曲です。
思い出したくもあり、思い出したくもないといった、
これまで取り上げてきた曲とはある意味別格です。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、とにかく
歌詞が暗いです。
当時の私の心境を歌っているかのような、代弁して
くれているような、そんな気持ちになりました。
私にとっては味方であり、ある意味応援ソングにさえ
感じられたほどです。

ちなみに当時進研ゼミのCMソングに起用されました。
この曲を使うなんて、今の進研ゼミではありえないですね。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

Sepia'n Roses「Teen Age Girl」

今回取り上げるのはSepia'n Rosesの「Teen Age Girl」。
ちなみにバンド名は「セピアンローゼス」と読みます。
1991年にデビュー、ボーカル・キーボード・ベース・ドラムの
4人組バンドで、この「Teen Age Girl」はデビュー曲となります。

とここで、このバンドは他のバンドとは異なる珍しいある特徴があります。
もうお気づきでしょうか。
実はギターがいないのです。
そのことは自他ともに認めるこのバンドの最大の特徴であり、ギターが
いないバンドのことを一部では「ギターがいないなんてセピアンローゼス
みたいだな」と揶揄されるなんてこともありました。

さて、「Teen Age Girl」ですが、このタイトルの印象通りの
ロックと言うよりはパワーポップ的なノリのいい曲になっています。
このバンドは全体的にこのような曲調が多い印象で、熱心に聞いていた
わけではありませんでしたが、シングルがリリースされた時などは
気になる存在でした。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

チャーミースマイル&グリーンヘッド「yesterdays」

今回取り上げるのはチャーミースマイル&グリーンヘッドの「yesterdays」。
とても長いバンド名ですね。
通称は「チャミグリ」で、後年はこの通称の方に改名したりします。

このチャミグリで中心人物となっていたのが井手功二さんでした。
井手さんは一時期、ニッポン放送で帯のレギュラー番組
「ゲルゲットショッキングセンター」のメインパーソナリティーを
担当されており、私は先にこのラジオ番組で井手さんの存在を
知ることとなりました。

そのラジオ番組と並行して活動していたのが、このチャミグリです。
実は私はそんなにチャミグリは詳しいわけではないのですが、この
「yesterdays」は私の琴線に触れまくりでした。
過ぎ去った日々の懐かしさと切なさが同居するような、ちょっと
心が弱っているときに聞くと、泣けてしまう曲です。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

プロフィール

90年代音楽大好き男

Author:90年代音楽大好き男
友達がいなかった90年代、好きな音楽を聴くことだけを生きる糧としていました。
そんな30代独身男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク


フリーエリア
ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。よろしかったらこちらのクリックもお願いします。
音楽(J-POP) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR