スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CRIPTON「ダリア」

またまた久々の更新になりました。
ただ、このブログを開始した当時からどうしても取り上げたかった曲を
ようやく取り上げられることとなりました。

それはCRIPTONの「ダリア」です。
以前、CRIPTONで「Go ahead」を取り上げたのですが、
そのカップリング曲で、こちらははりもぐハーリーと言うアニメの
エンディングテーマに使用されました。

「Go ahead」もとてもいい曲なのですが、私としてはこの「ダリア」は
それ以上の名曲だと思っております。
私の人生の中でもベストテンには間違いなく入る曲です。
どこまでも明るくて爽やかで元気が出ます。
こっちをA面にすべきだったと今でも思いますね。

年末も押し迫っている中で、今年取り上げた中では一押し曲です。
ぜひ下の動画で聞いてほしいです。
ちなみにこの曲が収録されたアルバム「DOUBLE FACED」も
お勧めです。
CRIPTONの魅力がたっぷり詰まったアルバムです。
いまだに聞いてます。



スポンサーサイト

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

CRIPTON「Go ahead」

今回取り上げるのはCRIPTONの「Go ahead」。
この曲はこのブログを立ち上げた当初からずっと取り上げたかった
曲の1曲でようやく今回紹介できることとなりました。

この曲はNHK教育(現:Eテレ)で放送されていたアニメ
「はりもぐハーリー」のオープニングテーマでした。

正に一転の曇りもないどこまでも明るいポップチューンで
胸が躍りますね。
「I know 夢の国めざし 歩いて行こう」
この曲の魅力そのものが凝縮されたフレーズだと思います。
私の好みはこういう突き抜けた明るい曲なのです。

ちなみにこの曲のPVはなぜか西部劇でヒロイン役の
キーボード担当の大沢さんをギター担当の山戸さんと
なぜか男役だけどスカート姿のボーカル今野さんが
取り合うというものになっていました。
CRIPTONとしてもかなりの自信作であり勝負の曲で
あったようですが、残念ながら芳しい売り上げでは
なかったようで、この曲を最後に作曲の核であった
山戸さんが脱退されてしまい、今野さんと大沢さんの
女性2人組になりました。

CRIPTONはまだ紹介したい曲があるので、折を見て
紹介できたらと思います。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

CRIPTON「風の扉」

今回取り上げるのはCRIPTONの「風の扉」。
CRIPTONをこのブログで取り上げるのは2度目になります。
夏が近づくと聞きたくなるバンドの1つです。

この曲はSUZUKI「ALTO WORKS」という軽自動車の
CMソングとして使用されました。
実は私が初めて聞いたCRIPTONの曲であり、
最初の感想は「なんかジュディマリもどきだな」でした。

そんな印象ではありましたが、晴れ渡る青空のような
気持ちのいいポップチューンですね。
こういう曲が私は好きなんだなとつくづく思います。

このCRIPTONというバンド、この曲のように結構
大きいタイアップもあって、曲の出来も良かったのに
なぜかブレイクできませんでした。
売れるということは色々な要素が必要なんだなと
CRIPTONを通して思いましたね。

CRIPTONについてはまだまだ取り上げたい曲があるのですが、
折を見て紹介したいと思います。

今回の動画は当時のSUZUKIのCMです。


話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

CRIPTON「100℃」

梅雨明け宣言もあり、いよいよ夏到来ですね。
私が夏になると必ず聞くのが、このCriptonというバンドの
「100℃」。
このタイトルの正式な読み方は摂氏100度というタイトルです。

Criptonは女性2人(Vo,Key)と男性1人(G)の3人組でした。
この曲はタイトルの通り、真夏の太陽のごとく、とにかく
イケイケどんどんの暑く明るい曲です。
歌詞は真夏の海で出会った男の子に一目ぼれした女の子の歌です。
この女の子はかなり大胆不適で、自分から男の子にキスをしたりします。
気分がいいと家でもいまだにこの歌を口ずさんで、余計に暑くなります。

この曲は今でも放送されているCDTVのEDテーマにも起用され、
これがCriptonを知ったきっかけともなりました。
一度気に入り、こちらも擦り切れるくらいシングル聞きましたね。
ただ、この曲もそれほどは売れなかったようです。
かなりインパクトはあって今でもいけそうな気もするのですが。

Criptonはその後、ギターの男性メンバーが抜け、女性2人組になります。
3人組の時はJAMを彷彿とさせるようなサウンドもあったのですが、
女性2人組になってからは、あまり好みではなかったです。
ギターの方が抜けた影響は大きかったと思いました。
その後ほどなく解散してしまいました。


CRIPTON - 100℃ 投稿者 utadalove

Criptonに関しては、他にも書きたい曲がありますが、
そちらは後日改めて書く予定です。

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

プロフィール

90年代音楽大好き男

Author:90年代音楽大好き男
友達がいなかった90年代、好きな音楽を聴くことだけを生きる糧としていました。
そんな30代独身男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク


フリーエリア
ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。よろしかったらこちらのクリックもお願いします。
音楽(J-POP) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。