スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GLAY「BE WITH YOU」

今回取り上げるGLAYの曲は「BE WITH YOU」です。
この曲はフジテレビ系列で放送されたドラマ「タブロイド」の
主題歌でもありました。
「タブロイド」は常盤貴子さん、佐藤浩市さん、真田広之さん、
ともさかりえさんなどが出演されていて、この面子を見ても
分かるように豪華メンバーでした。
「タブロイド」と言うのは夕刊フジや日刊ゲンダイのような
ああいったサイズの夕刊紙のことで、ゴシップや飛ばし記事が
定番記事です。
そんなタブロイド紙の記者たちの物語で、縦軸に真田さんの
冤罪事件が絡むといった内容です。
私としては目が離せない、なかなか見ごたえがあったドラマでした。

さて、本題に戻って「BE WITH YOU」ですが、私はこの曲は
ある意味GLAYの集大成と言っていいくらいの壮大な曲です。
1つの曲の中にいろいろな展開が詰まっていて、初めて聞いたときは
「なんとものすごい曲だ」とスケールに圧倒されてしまいました。
「目の前には境界線 未来は近く 果て無く遠い」というTERUさんが
優しく歌うこのフレーズが特にかっこいいなと個人的に思います。

GLAYのプチ特集はいったんここで終了させていただきます。
明日からは、また私の好きな曲を思いついたものから取り上げます。



「タブロイド」で流れていたオープニング映像もこの曲とバッチリはまっていて
なかなかカッコいいです。
久々に見たらブレイク前の小雪さんや水川あさみさんも出演されていたんですね。



スポンサーサイト

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

GLAY「SOUL LOVE」

今回取り上げるGLAYの曲は「SOUL LOVE」。
この曲は今は亡きカネボウのCMソングに使用され、また「誘惑」と
2枚シングル同時発売と言うことでも話題となりました。
Wikipedia情報だと、先にできたのは「誘惑」の方で、
「誘惑」を作り終えた後、スタッフからもう1曲作ってほしいと
言われ、たったの10分で書き終えてしまった曲とのこと。
何ともすさまじいエピソードで、当時のGLAYが脂がのりまくっていたことが
証明されるエピソードでもありますね。

当然とても10分でできたとは思えない曲の完成度です。
ミディアムテンポではあるのですが、さわやかさもあり、
かつ情熱的でもあるGLAYの持ち味が絶妙にミックスされている
ように私には感じられる曲ですね。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

GLAY「生きてく強さ」

今日取り上げるGLAYの曲は「生きてく強さ」です。
ライブでも頻繁に演奏される人気の曲とのことで、GLAYファンからも
非常に支持されている曲と言えるでしょう。

ただ、初めて聞いたときは「何だかGLAYらしくないな」と思いました。
それと言うのも歌詞に違和感を持ったからで、GLAYのようなロックバンドが
こんなストレートな人生応援ソングを歌うなんて、とても意外だったからです。
また、Wikipedia情報ですが、TAKUROさんがこのタイトルを付けたそうですが、
他のメンバーは難色を示していたとのこと。
やっぱり自分たちのカラーとは合わないということだったのでしょうか。

最初は違和感は持ったとはいえ、曲そのものは前向きな非常に心打たれる曲です。
むしろ、GLAYのようなバンドが歌ってくれたからこそ、より響くのかもしれないと
思いましたね。

「努力が実れば そうたやすく もう迷わない」
このフレーズはGLAYが歩んできた道そのものなのかもしれません。




話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

GLAY「GONE WITH THE WIND」

90年代を代表するロックバンドであり、また現在でも第一線で活躍しているGLAY。
私は熱心なファンとは言えませんが、GLAYの楽曲の素晴らしさは素直に認めざるを
得ません。
GLAYについてはいつかは取り上げたいとは思っていましたが、良い曲が多すぎて、
取り上げたい曲が1~2曲程度では収まりきらないため、今週はプチGLAY特集で
行きたいと思います。
ちなみにデビュー当時はX JAPANのYOSHIKIプロデュースと言うことが取り上げられて
いましたが、今では語られることがあまりありませんね。

最初に取り上げるのは「GONE WITH THE WIND」。
この曲はインディーズ時代に既に作られていた曲だったとのこと。
ただし、この曲はカップリングであり、A面は「ずっと2人で…」でした。
でも、私は断然「GONE WITH THE WIND」の方が好みです。
と言うか、GLAYの楽曲の中でも1番好きかもしれません。

私の語りなんかよりも、ぜひ下のYoutubeでお聞きいただければとは思いますが、
一言でいうと「聞いているだけでドキドキわくわくが止まらない」感じですね。
特に好きなフレーズが「はるか遠く 鳴り響く鐘の音 壊れた翼を抱く
女神のほほに触れた」という箇所。
この箇所の疾走感がたまらないのです。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

プロフィール

Author:90年代音楽大好き男
友達がいなかった90年代、好きな音楽を聴くことだけを生きる糧としていました。
そんな30代独身男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク


フリーエリア
ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。よろしかったらこちらのクリックもお願いします。
音楽(J-POP) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。