中島みゆき「糸」

前回に引き続き、今回も中島みゆきさんの曲の中から
「糸」を取り上げます。
この曲は様々なアーティストからもカバーされていることでも
かなり認知度の高い曲ですね。

元々は1992年に発売されたアルバム「EAST ASIA」に収録されたのが
初の音源化だったそうですが、私は1998年にTBS系で放送されたドラマ
「聖者の行進」の主題歌として知ることになります。
それに伴いシングルとしてもリリースされることになりますが、
A面は「命の別名」で「糸」はカップリングでした。
「命の別名」も「聖者の行進」の主題歌でかつ、こちらはこれが
初音源化だったこともあり、この処遇が妥当だったとは思います。
ちなみに「命の別名」は「空と君とのあいだには」や「旅人のうた」のような
ああいった路線の曲でした。

一方の「糸」は真逆の路線で優しく包み込まれるような、聞いた後に
いい意味での脱力感が支配されるような感じです。
神秘的な印象さえ与えてくれます。
最初にカバーも多いと書きましたが、この曲はやはり中島さんの歌唱が
あっての意味がある曲であるため、オリジナルバージョンには適いません。

余談ですが、「聖者の行進」は毎週オンタイムで見てました。
あの野島伸司作品であり、主演がいしだ壱成、酒井法子、広末涼子と
今となってはかなり濃い面子でしたね。
当時は脂ののっていた役者陣でもあり、見ごたえはありましたね。
視聴率もよかったと思います。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

中島みゆき「旅人のうた」

中島みゆきさんの登場です。
今回取り上げるのは「旅人のうた」です。
この曲は日本テレビ系列「家なき子2」の主題歌でした。
「家なき子」と言えば私の世代では何と言っても安達祐実さん
主演のドラマですね。
このドラマは空前の大ヒットとなり、「同情するなら金をくれ」と
言うセリフは流行語にもなりました。
そして主題歌を担当していたのは中島さんでした。
1の主題歌は「空と君とのあいだに」で、当然のことながら
オリコン1位&ミリオンセラーとなる大ヒットでした。

その大ヒットを受けて2が制作されましたが、こちらも大ヒットとなり、
主題歌であった「旅人のうた」もオリコン1位の大ヒットでした。

ただ、正直申し上げて「家なき子」も安達さんの演技も私は正直苦手でした。
そして、中島さんの主題歌も説教くさい感じがして、当時はイマイチ
受け入れられませんでした。
ところが去年のこと、あるラーメン屋でラーメンが来るのを待っていたところ、
有線で「旅人のうた」が流れてきて、「この歌、こんなにいい歌だったのか」と
感銘を受けてしまいました。
その日家に帰ってすぐにYoutubeで検索して、改めて何度も聞きなおしました。
そして「聞かず嫌い」だったことを大反省しました。
特に「忘れない 忘れない ものもここにあるよと」という中島さんの歌唱が
胸に突き刺さるものがあります。

当時はわからなくても年を重ねると良さがわかることってありますね。
次の記事も中島さんの曲を取り上げます。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

プロフィール

90年代音楽大好き男

Author:90年代音楽大好き男
友達がいなかった90年代、好きな音楽を聴くことだけを生きる糧としていました。
そんな30代独身男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク


フリーエリア
ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。よろしかったらこちらのクリックもお願いします。
音楽(J-POP) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR