スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編 1990年代の洋楽を語る その3

今回も90年代洋楽より、取り上げるのはDixie Chicksの
「Goodbye Earl」。
この曲は1999年に発表されたアルバム「Fly」に収録された曲で
2000年にシングルカットされました。
アルバムはビルボード1位、シングルも19位にランクインされた曲で
Dixie Chicksの代表曲の一つと言えるでしょう。

Dixie Chicksはアメリカの女性3人組のカントリーグループで、近年では
最も成功したカントリーグループの1組であり、その人気はすさまじいもので、
この「Fly」も全世界で1000万枚を超える大ヒットとなりました。

ただ、Dixie Chicksは政治的な発言が多いことでも有名で、2001年の
同時多発テロで声明を出して以来、度々この手の声明でも注目
される存在となりました。
こういうことが続き、その後の音楽活動も不安定なものになりました。
この辺のことは私以上に詳しい方の方が多いので、ここまでとしておきます。

さて、今回取り上げた「Goodbye Earl」。
正直なところ、私はカントリーミュージックがどういったものなのか、
あまりよくは分かっていないのですが、この曲はポピュラーミュージックとして
普通に親しめるほどの分かりやすいメロディーです。
ただ、下の動画をご覧いただけるとお分かりになるかと思いますが、
歌詞は結構重いです。
このあたりもメッセージ性が強いDixie Chicksの音楽性が端的に表れている
気がします。



スポンサーサイト

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : 洋楽
【genre : 音楽

番外編 1990年代の洋楽を語る その2

今回も90年代洋楽より、Vanessa Paradis の「Be My Baby」を
取り上げます。
(近い時期に日本ではCOMPLEXにも同名の曲がありますが、
当然この曲とは何の関係もありません。)
ちなみにカタカナ表記ですと、ヴァネッサ・パラディとなります。

ヴァネッサ・パラディはフランス人歌手、及び俳優として
活動しており、この「Be My Baby」は1992年に発売された
3rdアルバムに収録され、タイトルにもなっております。
この曲がリーダートラックとなっております。
このアルバムは本国フランスでは1位、日本でも
55位のヒットとなりました。

正統派アイドルポップと言い方は適切ではないのかもしれませんけど、
とても分かりやすくて、かわいらしくて、いつでも聞ける曲ですね。
日本でも受けるのがよく分かりますね。
洋楽は難しいと思っている人でもこの曲ならすんなり入れると思いますね。

この曲をプロデュースしたのはアメリカのロックミュージシャンである
レニー・クラヴィッツで、当時は交際もうわさされていたようです。
レニー・クラヴィッツの曲も何曲か聞いたことはありますが、
彼の作風からはこんな正統派アイドルポップも書けるなんて
想像できないですね。

余談ですが、その後はジョニー・デップと交際することとなり、
結婚はしていないものの、彼との子供を産んでいます。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : 洋楽
【genre : 音楽

番外編 1990年代の洋楽を語る その1

お盆の時期になったということもあり、通常営業も
一旦お休みして、また番外編をやってみようと
思いました。
今回は年代は同じ1990年代でも洋楽編です。
正直、私は邦楽どっぷりの音楽生活であり、
洋楽は大して聞いてはいません。
ただ、そんな私でも洋楽で好きな曲と言うのもあり、
私視点での90年代洋楽ソングを何曲か取り上げて
みたいと思います。

まず取り上げるのはGreen Dayの「Nice Guys Finish Last」。
Green Dayはもはや世界的バンドと言っても過言では
ないでしょうね。
Green Dayと言うと、「Basket case」が代表曲の一つに
数えられ、私も入口は「Basket case」で、そもそも
私の洋楽の入り口でもありました。
洋楽はどうも敷居が高い感じだったのですが、そんな私でも
すんなりと入っていけるほどのポップさが全開でしたね。
「Basket case」が収録されたアルバム「Dookie」は本当に
名曲ぞろいで、当時何度聞いたかわかりません。

次のアルバム「Insomniac」は正直「Dookie」ほどには
馴染めませんでした。
また、洋楽が疎遠になりつつあったころに「Nimrod」が
リリースされ、その1曲目「Nice Guys Finish Last」を
聞いた瞬間、「これこれ」と思わず叫んでしまいました。
やっぱり、こういうひたすらポップな曲を待ち望んでいました。
結局、それから今でもGreen Dayは愛聴しております。
「Nimrod」は私にとってはGreen Dayの中で最高傑作で
全ての曲がいとおしいほどですね。

さて、次回も私の好きな90年代洋楽を取り上げる予定ですが、
正直邦楽ほど親しんではいないため、邦楽よりもやはり極端に
知識も劣ります。
なので、コメント欄にお勧めの90年代洋楽など書き込んでいただけると
大変ありがたいななんてと思います。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : 洋楽
【genre : 音楽

プロフィール

90年代音楽大好き男

Author:90年代音楽大好き男
友達がいなかった90年代、好きな音楽を聴くことだけを生きる糧としていました。
そんな30代独身男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク


フリーエリア
ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。よろしかったらこちらのクリックもお願いします。
音楽(J-POP) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。