スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホブルディーズ「オウムの唄」

今回取り上げるのはホブルディーズの「オウムの唄」。
ホブルディーズは1989年結成の3人組のバンドで、
1995年にいったん解散しますが、1998年に活動を再開。
以降インディーズで活動し、現在は6人組の大所帯バンドで、
更にロカビリー路線になっていて、デビュー当初とは趣が
異なっています。

さて、この「オウムの唄」はデビューシングルとなっています。
ただ、現在ではどちらかと言うとカップリングの「月夜の星空」の
方が有名かもしれません。
「月夜の星空」は現在でも放送中の長寿番組「ナインティナインの
オールナイトニッポン」のエンディング曲としていまだに使用されて
いるからです。

「月夜の星空」も素敵な曲ですが、私としては「オウムの唄」も
劣らぬ曲だと思っています。
歌詞をお聞きいただければ大変メッセージ性の強い曲であることが
お分かりいただけるかと思います。

ちなみに私は恥ずかしながらホブルディーズは当初コミックバンドと
思っておりました。
何せ知ったきっかけが「マウンテンゴリラ」で、ラジオから流れたとき
こういうのをコミックバンドと言うのだなと思ってしまったからです。



スポンサーサイト

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

プロフィール

90年代音楽大好き男

Author:90年代音楽大好き男
友達がいなかった90年代、好きな音楽を聴くことだけを生きる糧としていました。
そんな30代独身男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク


フリーエリア
ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。よろしかったらこちらのクリックもお願いします。
音楽(J-POP) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。