スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Field of View「セピア」

今回は久々にField of Viewより「セピア」を取り上げます。
この曲は以前取り上げた「君がいたから」のカップリング曲でもあります。
「君がいたから」も素晴らしいですが、この「セピア」も
カップリングではもったいないくらいのクオリティーだと
思います。
そして、歌詞やメロディーの印象から、この曲も秋になると
思い出しては無性に聞きたくなります。

「別れた日と同じ空 デジャヴのようだね これでやっと終わる恋
最後の言葉 さよなら」
何とも切ない歌詞を浅岡さんが抜群のボーカルで歌いあげてくれます。

スポンサーサイト

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

Field of View「君がいたから」

ZAINレコード所属でT-BOLANと共に引っ張っていったのが、
Field of View。
元々Viewという前身バンドが2枚のシングルをリリースした後、
Field of Viewとして1995年に再デビューしました。
実はViewが好きで応援していたのですが、この再デビューには
驚きましたね。
しかも、いきなりデビュー曲の「君がいたから」がフジテレビ木曜劇場
「輝く季節の中で」の主題歌と言うビッグタイアップ。
元々曲のタイトルも「輝く季節の中で」だったそうですが、
どういう経緯か変更になったとのこと。
ドラマの番宣CMで流れた主題歌からすでにインパクトありましたね。
作詞:坂井泉水、作曲:織田哲郎ならもう間違いないです。
(後年ZARDもセルフカバーをしています)
オリコン最高位3位と当然のことながら、大ヒットしました。

ただ、ドラマの方はと言うと、「あすなろ白書」主演の石田ひかりや
保坂尚輝、中居正弘、篠原涼子など話題性のあるキャストで
「あすなろ白書」のような大ヒットが期待されていたものの、
決してコケたわけでもないのですが、期待されていたような
視聴率は上げられませんでした。
私も毎週見ていましたが、全体的に重い内容だったので、
毎週見るのは厳しかったのかもしれません。
現在、DVD化はされていないようですが、書いていて久しぶりに
見たくなった気がします。

話はそれましたが、この曲はバンドのイメージも相まって
さわやかな印象を与える90年代の名曲です。
Field of Viewは2002年を以って解散しましたが、
昨年のBeingレジェンドツアーには復活して参加しました。
ボーカルの浅岡さんもたまにバラエティーや歌番組などに
出演され、当時と変わらぬ声でヒット曲を披露されてますね。



メンバーの手によるカップリングの「セピア」も負けないくらいの名曲です。

さて、これまでBeing系ばかり取り上げておりました。
まだまだ書ききれないのですが、一旦ここまでとし、
次からはBeing系と共に90年代前半に私が熱中した
アーティストを取り上げたいと考えています。

ただ、Being系についても今後も定期的に取り上げます。

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

プロフィール

90年代音楽大好き男

Author:90年代音楽大好き男
友達がいなかった90年代、好きな音楽を聴くことだけを生きる糧としていました。
そんな30代独身男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク


フリーエリア
ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。よろしかったらこちらのクリックもお願いします。
音楽(J-POP) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。