Sepia'n Roses「君がいたHoly Night」

90年代クリスマスソング特集。
クリスマスイヴに取り上げるのはSepia'n Rosesの「君がいたHoly Night」。
何と、Sepia'n Rosesが当ブログに登場するのはこれで3度目です。
そこまでファンかと言われると、そうでもなかったりするのですが、
結局やっぱり好きなのかもしれません。

この曲はフジテレビ系で放送されていた「ウッチャンナンチャンの
やるならやらねば」で使用されていたので、もしかしたらご存じの方も
いることでしょう。

冒頭からサビで始まるのですが、「泣きながら手を振り 
バスを追ってきた」から、もうたまりません。
メロディーはアップテンポで爽やかなのに、歌詞は切ないというか
甘酸っぱいのが良いんですよね。

何でSepia'n Rosesが好きなのかと考えてみたときにこの甘酸っぱさと
爽やかさの絡み具合が私の琴線に触れまくりなのかなと思います。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

Sepia'n Roses「だけど、悲しくて」

今回取り上げるのはSepia'n Rosesの「だけど、悲しくて」。
Sepia'n Rosesはこのブログで取り上げるのは2度目になります。
そもそも、どちらかと言うとこの曲を取り上げたかったのですが、
動画が見つからなかったので見送っておりました。
最近になって動画が見つかったので、これはと思い、取り上げることに
しました。

この曲は5枚目のシングルで、かつてフジテレビ系で放送されていた
「クイズ年の差なんて」のエンディングテーマとして一時期使用
されていました。
また、オリコンでも初登場50位台にランクインしていた記憶があります。

タイトルや歌詞とは逆の爽やかなメロディーで失恋の気持ちを歌っております。
「だけど 悲しくて 悲しくて 話にならない
 たかが 恋なんて 笑い飛ばすけど
 だけど 悲しくて 悲しくて 涙も出ない」
相当失恋の悔しさが表れている歌詞ではありますね。
このギャップがまたいいのかなと思います。
シングルのジャケットもなかなかかっこよかったです。

余談ですが、「クイズ年の差なんて」のエンディングはマスコットキャラクターが
出演するオリジナルアニメに乗せてエンディング曲が流れる方式で、
このエンディングアニメがまたかわいらしくてほのぼのさせるものでした。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

Sepia'n Roses「Teen Age Girl」

今回取り上げるのはSepia'n Rosesの「Teen Age Girl」。
ちなみにバンド名は「セピアンローゼス」と読みます。
1991年にデビュー、ボーカル・キーボード・ベース・ドラムの
4人組バンドで、この「Teen Age Girl」はデビュー曲となります。

とここで、このバンドは他のバンドとは異なる珍しいある特徴があります。
もうお気づきでしょうか。
実はギターがいないのです。
そのことは自他ともに認めるこのバンドの最大の特徴であり、ギターが
いないバンドのことを一部では「ギターがいないなんてセピアンローゼス
みたいだな」と揶揄されるなんてこともありました。

さて、「Teen Age Girl」ですが、このタイトルの印象通りの
ロックと言うよりはパワーポップ的なノリのいい曲になっています。
このバンドは全体的にこのような曲調が多い印象で、熱心に聞いていた
わけではありませんでしたが、シングルがリリースされた時などは
気になる存在でした。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

プロフィール

90年代音楽大好き男

Author:90年代音楽大好き男
友達がいなかった90年代、好きな音楽を聴くことだけを生きる糧としていました。
そんな30代独身男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク


フリーエリア
ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。よろしかったらこちらのクリックもお願いします。
音楽(J-POP) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR