スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TMN「Nights of The Knife」

この曲が現状TMN名義としては最後の曲となっています。
1994年4月21日に発売されたのですが、この曲の発売の際、
メディアには重大発表があるとの事前発表がありました。
そして発売日当日に各種メディアで発表されたのが
「終了」でした。
そして、5月の東京ドームで2日間のファイナルコンサートを
開催することも同時発表。
私も行きたかったのですが、結局チケットは取れませんでした。
このコンサートの模様はCD、VHS、そしてダイジェスト版が
後日NHKで放送されました。

これを以って、TMは活動休止。
宇都宮と木根はソロ活動、そして小室はavexに移籍し、
女性アーティストを中心に、大ヒットプロデューサーへと
邁進していきました。

そんなTMNとしては最後のシングルとなりましたが、
私が「TMN」時代の曲としてはこの曲が最も好きです。
優しい穏やかなメロディーでありながら、未来への
力強い決意も感じられ、元気をもらいました。
このまま終わってしまうのは本当に残念でショックでした。

[広告] VPS


TM関連の記事は一旦ここで中断します。
次からは90年代中盤から後半にかけて、
私が元気づけられたアーティストを
書きたいと思います。

スポンサーサイト

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

TMN「大地の物語」

この流れで行くと、「EXPO」に触れないわけにはいかないです。
ただ、正直なところこのアルバムはそれほど好みではないですね。
前作の「RHYTHM RED」がかなり激しい路線だったのが一転、
こちらは比較的穏やかな曲調主体の路線となりました。
また、前回の記事で取り上げた「We love the earth」が象徴するように
地球をテーマにしていたのが特徴です。

あまり好みではない「EXPO」ですが、その中でも好きな曲はあり、
それが「大地の物語」です。
これまで取り上げたTMの曲の作曲は小室哲哉でしたが、
この曲はこのブログでは初めての木根尚登の作曲です。
木根作品は暖かい作風の曲が多く、この曲もそんな
木根の良さが発揮されています。
コアなファンになると、木根作品を支持する人が多いですね。



余談ですが、地球をテーマにしたTMの歌で私が最も好きなのは
「FOOL ON THE PLANET」ですが、80年代の曲なので、
残念ながらこのブログの対象外です。

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

TMN「We love the EARTH」

TMNのハードロック路線は結局「RHYTHM RED」のみで終わりました。
翌年発売したシングルは両A面の「LOVE TRAIN/We love the EARTH」でした。
路線的には「HUMAN SYSTEM」に近い楽曲かなと今では感じてます。
「LOVE TRAIN」も嫌いではないですが、私的にはいまいちインパクトに欠ける
ところがありますが、カップリングの「We love the EARTH」は初めて聞いて
すぐに魅了されました。

私のTMとの出会いは「一途な恋」ですが、そのちょっと前に「CLASSIX1・2」という
2枚組のアルバムが発売されていて、発売当社から気にはなっていたのですが、
今一つ買うまでには至らない中、「一途な恋」で興味を持つようになった私は
気になってた「CLASSIX」をようやく買う決意ができました。

「CLASSIX1」に「We love the EARTH」のリミックスが入っていて、
それが私の中では衝撃でした。
きれいなメロディーで本当に名曲だなと。
ですから、「一途な恋」が入り口で、「We love the EARTH」で
ファンになろうと確信した、そんな流れになります。




話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

TMN「69/99」

1990年10月に新生TMNとしての第1弾アルバム
「RHYTHM RED」をリリースします。
このタイトルだとさぞかしアルバムジャケットは
赤中心構成と思いきや、白と黒だけを使った
地味なジャケットでした。

さて、先行シングル「TIME TO COUNTDOWN」が
そうであったようにTMのアルバムでは最も
ロック色の強いアルバムです。
とは言え、すべてロックサウンドかと言うと、
そういう訳でもなく、これまでの路線に
近いような曲もあったりします。

今回取り上げる「69/99」は路線的には、
「TIME TO COUNTDOWN」路線のロックナンバーです。
作詞には後に「東京ラブストーリー」をヒットさせた
脚本家の坂元裕二を起用。
とても感情的で情熱的なナンバーであり、
今聞いても興奮しますね。



ただ、結局この路線はこれきりとなってしまいます。

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

TMN「TIME TO COUNT DOWN」

TMNは元々の名称はTM NETWORKであり、どちらかと言うと
こちらのバンド名の方が一般的に知名度高いですね。
再結成した現在はTM NETWORKで活動しています。

TMNを名乗り始めたのがちょうど1990年。
そしてTMNとして再スタートとなった記念すべきシングルが
「TIME TO COUNT DOWN」でした。
この曲はこれまでのTM NETWORKをイメージを払しょくするような
TMにしてはこれまでにあまりなかった激しいロックナンバーでした。
大胆な挑戦を試みた曲ながらオリコンは初登場1位でした。

前作「CAROL」で大成功をおさめ、今までやってこなかったこと、
そしてやりかったことをやってみたくなったんでしょうね。
最初聞いたときはらしくないなとは思いましたが、何度も聞いているうちに
ハマっていき、今ではかなりテンションあがりますね。

[広告] VPS


話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

プロフィール

90年代音楽大好き男

Author:90年代音楽大好き男
友達がいなかった90年代、好きな音楽を聴くことだけを生きる糧としていました。
そんな30代独身男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク


フリーエリア
ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。よろしかったらこちらのクリックもお願いします。
音楽(J-POP) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。