スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸山みゆき「FIRE」

記事を上げる予定はなかったのですが、急きょもう1曲
取り上げることにしました。
実は先日までCSのTBSチャンネルで大映ドラマ総選挙なるものが
やっておりました。
それをきっかけに知った曲を取り上げます。
丸山みゆきさんの「FIRE」。
ただ、この曲は洋楽のカバーで、かつ原曲が80年代?なので、
取り上げるか迷ったのですが、この曲としてのリリースが
1990年なのでセーフということでお願いします。

この曲ですが「スクールウォーズ2」の主題歌だったんです。
「スクールウォーズ」は非常に有名なドラマで今でも語り継がれて
おりますが、実は続編があったのです。
私も1作目は見たことあったのですが、恥ずかしながら2は全く
知りませんでした。

そんな中、視聴したのですが、主題歌のさわやかさにびっくりしました。
1作目の麻倉未稀さんの「HERO」はとにかくアップテンポで情熱的な曲でしたけど、
こちらは清涼感すら感じる曲ですね。
1発で気に入ってしまいました。
リアルタイムで知りたかったですね。私のストライクゾーンど真ん中でした。
主題歌としては「HERO」よりも断然こちらですね。

なお、原曲はジム・スタインマンという方の「Out of the Frying Pan (And into the Fire)」だそうです。

最後に丸山みゆきさんについて。丸山さんについても恥ずかしながら初めて知りました。
デビューは1985年なのですが、権利関係でもめた経緯があり、1989年再デビュー。
公式ではこちらが正式デビューとのことです。
ただ、1996年ごろ、芸能界を引退されたとのこと。
恐らくこの「FIRE」が最大のヒット曲と思われます。
(間違っていたらごめんなさい)



原曲の動画もあげておきます。


スポンサーサイト

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

東京バナナボーイズ「瞳はYES!」

大変ご無沙汰しております。
前回の記事が3月なので、約8か月ぶりの記事となります。
記事の書き方も忘れかけております。
実はいろいろと私自身も周りも変化があり、なかなか
更新が難しかったのです。
その辺はいつか語れる時が来るかと思います。

さて、本題に戻って久々に取り上げる曲は
東京バナナボーイズの「瞳はYES!」。
この曲はグンゼYGのCMソングとして使用されました。
当時ヴェルディ川崎の北澤豪がCMに出て話題となっており、
CDジャケットも北澤選手が起用されております。

この当時のJリーグブームを象徴する1曲だと思いますね。
疾走感があってダイナミックで情熱的です。

この当時のヴェルディはスター集団でJリークを代表するチームでした。
残念ながら今では見る影もないですが。

なお、次にこのブログを更新できるのはいつになるかはわかりませんが、
年内には更新したいとは思っております。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

藤田淑子「メリーはただのともだち」

3月初の更新ですが、取り上げるのは藤田淑子さんの
「メリーはただのともだち」。
この曲はアニソンでフジテレビで放送されていた「キテレツ大百科」の
エンディングテーマとして半年だけ使用されました。
なお、歌っている藤田さんは主演のキテレツを演じられた声優界の
大物でもあります。

恐らく私と同年代以上の方には大変懐かしいアニメで、サザエさんの後の
日曜19時に放映されていました。

ただ、正直なところを言うと個人的にキテレツの主題歌は90年代よりも
80年代に使用されていた主題歌の方が好きで、ブログの趣旨から外れていいなら、
ほぼすべて紹介したいくらいのクオリティーです。

ただただ、今回取り上げた「メリーはただのともだち」は90年に使用されていた
エンディングテーマであり、80年代の主題歌の流れをそのまま継承しています。
軽快なテンポのメロディーにやや甘酸っぱいような歌詞を乗せていて、
適度の心地よさと切なさが絶妙ですね。

初期キテレツの主題歌にある程度共通するのは「子供の目線から見た大人とは」と
なっているようで、憧れと切なさが入り混じっていて、ある意味日曜の夜の雰囲気に
通じるものがあるような気がしています。

なお、この後に起用されたのが恐らく最も有名な「はじめてのチュウ」。
ちなみに「メリーはただのともだち」の作詞作曲もこの「はじめてのチュウ」と同じ
あんしんパパなのです。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : アニソン・キャラソン
【genre : 音楽

爆風スランプ「いつか 逆転」

約1か月ぶりの更新となります。
今回取り上げるのは爆風スランプの「いつか 逆転」。
今日からプロ野球のオープン戦が開幕し、球春到来。
この曲はmizunoの野球用品のCMソングに使用されました。

この曲はこのブログを立ち上げた当初からぜひ取り上げたかった
曲でようやく取り上げることができました。
当時、一部の野球ファンにはとても好評だった曲と記憶しております。
野球抜きにしてもとても爽やかな歌詞とポップなメロディーが胸に響きますね。

最後の「いつかでっかいホームラン 青空を突き抜けて 飛び込め君の胸に」の
フレーズは特に素晴らしいと思います。

ただ、なぜかこの曲はカップリング扱いでA面はノンタイアップの「マンビー人生」。
当然歌番組で披露されるのは「マンビー人生」で「いつか 逆転」は歌われませんでしたね。
私はこれは納得いかなかったですね。大いに不満でしたね。
音楽雑誌でサンプラザ中野さんが語っていたところによると、A面にしたのは
「マンビー人生」を勝負曲にしたかったからとおっしゃっていました。



話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】
【theme : J−POP
【genre : 音楽

90年代の思い出のCMソング(キットカット)

今回は久々に思い出のCMソングからキットカットの
CMソングを取り上げます。

キットカットは今や受験応援の縁起物の色合いが強く、
CMソングもそれを意識した曲調となっておりますが、
元々は「マッキントッシュのキットカット」ととして、
90年代までは英国風漂うCMがメインでした。
かつて衛兵さんの登場したCMを覚えていらっしゃる方も
多いと思います。

今回取り上げた、キットカットのCMソング。
「明るい深呼吸 Have a Break KitKat」のフレーズがとても
印象に残るのですが、このCMソングも元々英国のCMソングを
和訳したらしいです。

今の受験応援モードも良いですが、この頃のさわやかなCMソングも
私にとっては懐かしく、忘れがたいですね。
もうこの英国風のCMはやらないのでしょうけど。

プロフィール

90年代音楽大好き男

Author:90年代音楽大好き男
友達がいなかった90年代、好きな音楽を聴くことだけを生きる糧としていました。
そんな30代独身男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク


フリーエリア
ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。よろしかったらこちらのクリックもお願いします。
音楽(J-POP) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
FC2ブログランキング
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。